育毛をしていますか

育毛と聞いて私には関係ないと思っている人が多数いると思います。
私もその一人でした。
幸いなことに私自身はまだ薄くなってきたりしていませんが、年齢を重ねるごとに友人や知り合いなど毛髪が薄くなってきている人も結構います。
その人たちの話を聞いていて教訓にするべきだなと感じたことがいくつかあります。
一番言われたことは、薄くなってきたなって感じたときから育毛をすると非常にたいへんなので、日ごろから気にして対応しておいたほうがいいということです。
話を聞くとなんとなく薄くなってきたかなって状態でも、自分は問題ない関係ないって思ってそのままにしている場合が多いみたいです。
その後になって対応するとお金が結構かかるみたいで大変みたいです。
日ごろ育毛を気にしながら生活するのがいいみたいなのですが、どのようなことをすればいいのか私もわかりませんでしたが、いろいろ話をきいたり調べたりしてある程度気にしてやっていることを書いてみたいと思います。
まずは、ストレスをなるべくためないようにして、刺激の強い食べ物ををあまりとらないようにしています。
刺激の強い食べ物が頭皮に影響あるのかと思っていましたが、刺激の強い食べ物を食べると汗をかきます。
その汗が頭皮を脂っこくさせて毛穴をつまらせたりするんですね。
それをなくすようにしています。
シャンプーなども同じ考えです。
育毛シャンプーなど最近は売っていますが、育毛に効果があるといわれている成分ももちろん入っているのですが、それより一番は頭皮にやさしい成分で作られているのです。
前に書いた刺激の強い食べ物と同じように、頭皮にやさしいしゃんぶーとそうでないシャンプーがあるということですね。
育毛には頭皮の状態が一番重要になってくるので、毛穴をつまらせないために頭皮の脂をできるだけ取り除きたいと思うのですが、脂をとりすぎても逆に問題がおこります。
人間の体はよくできているので、頭皮の脂をとりすぎると体が脂がなくなっていると判断をして多めに頭皮に脂をだすようになってきてしまいます。
頭皮を脂を取り除いて必死になっているのに結局体が脂を多く分泌する体質になってしまっては本末転倒になりますので、注意が必要です。
頭皮マッサージやツボなど日ごろから手軽でいつでもできることなどもありますので、活用しながら、毎日の食生活を気にしながら、できるだけストレスをためないようにしていくことが育毛の一番の効果だと思っています。
当たり前と思われていることを、当たり前のように気にしながら普通の生活をしていくことが育毛の第一歩だと思いますし、その土台があってこそ育毛シャンプーや育毛剤の効果もあらわれてくるものだと思います。